≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご無沙汰しております。。。。


1ヶ月半ほどサボってましたが今日からまた再開しようかと思います。


とりあえずブログを更新しない間、色々あった訳ですが全部書いてたらキリが無いのでとりあえず一番大きな出来事を報告いたします。


会社辞めました。


んで、独立しました。


何年も前から独立するつもりでいたので予定通りに事は進んでるんですが、タイミングがちょいと悪かったみたいです。

というのも、個人事業を始めた日にリーマンが倒産。その後、アメリカ→ヨーロッパ→アジアと広がった金融不安の影響を逸早く受けたのが我ら「工作機械業界」でして。

収益の半分以上を輸出に頼ってる企業・・・の下請けをやっている自分の仕事はスタートしていきなり大打撃を喰らってしまったわけです。。。

特にアメリカ向けの製品のキャンセルが先月は鬼のように増えて、会社(辞めた会社ね)の仕事量は半分くらいに減ってしまいました。

当然そこから自分の所にまわってくるはずの仕事も激減したわけで、独立して収入を増やすつもりが今まで貰っていた給料分も確保するのが難しい現状です。


他の外注も同じ状況なのですが、僕の場合は他の外注の出来ない工程も引き受けてるので今のところはある程度の仕事量は確保できてます。(彼らに比べればまだ幸せかも・・・)

おかげで独立してから会社(前の)は暇なのに僕だけ忙しい状況が続いてまして、良いのか悪いのか休みも儘ならない状況です。

でもこのままだと年末には暇になりそう・・・。


とりあえず今は他が出来ない仕事をなるべく確保しながら、この不景気が長く続かない事を祈るのみです。





・・・これ以外にも暗い話題がてんこ盛りでして・・・(苦笑
ほとんど笑えない話ばかりなので書きませんが。。。

それでも最近ようやく心身共に復活しつつあるようです。


その第1弾で「ブログ再開」。
更新は相変わらず少なめだと思いますが、暫らくは明るい話題オンリーでいきますよ。


・・・あればね。(笑)





スポンサーサイト

今日で「日航ジャンボ墜落事故」から22年が経ちました。
この事故で女性や子供が多く犠牲になってたことは以外にもあまり知られていない。(自分自身も最近調べて知った)

・・・犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。




歴史に刻まれるような大事件や大事故が起きた時って、その時自分が何をしていたか覚えてるもの。

たとえば、「阪神・淡路大震災」(事件でも事故でもないが・・・)。
卒業間近の高3の冬。発生の時間は当然寝ていたけど、親父に叩き起こされてテレビの前に座らされたのを覚えてる。

その数ヶ月後の「地下鉄サリン事件」。
卒業して入社したころだと思う。
栗原に住んでた母親のアパートに遊びに行ったとき、何気なくつけたテレビで一報を聞く。

だいぶ飛んで、「9.11同時多発テロ」。
あれは火曜日。当時毎週あったバンド練習から帰ると嫁がテレビにかじりついてた。
最初にあの映像を見たときは、本当に映画か何かのワンシーンだと思ってた。

「新潟中越地震」(この前のじゃなくて)。
河口湖のペンションで知る・・・てか実際体験した。
確か、小僧にガンダムのプラモデルを作ってやってる最中だった。富士五湖周辺は震度3だったけど結構揺れてたっけ。
作りかけのガンダムが動き出したと思ってマジでビビった!(笑)


と、結構事細かく覚えてたりする。

でもこの「JAL123便」については自分の住んでる地域の頭上を迷走していた事実を知ったことからも、当時かなりの衝撃を受けたことは覚えているものの、ちゃんと記憶に残ってることといえば・・・。

事故機に坂本九さんが乗っていたことを母親が「九ちゃんも乗ってたんだって!」と大騒ぎしているのを見て、当時、「坂本九」なる人物を知らない僕は、「九ちゃん=オバQ」と勘違いして、「オバQの声優さんが亡くなったのかな~?それとも本当にQ太郎っているのかな~?・・・でもお化けだから死ぬわけないし・・・」。などと訳の分からない事を考えてたのと、御巣鷹山の場所を調べようと地図を出したまでは良かったが、群馬県が何処にあるか分からずに探すのにえらく苦労したくらい。

まあ、当時小学4年生だから自分の無知な部分しか覚えてないのはしかたないか・・・。


ただ、これらの「事件・事故」から日常の一瞬を脳裏に焼き付かせてしまうくらいの衝撃を受けた事は事実。

これが当事者や遺族だったら・・・。

そんなもんじゃ済まないでしょう。。。


今朝のニュースで遺族の方が言っていたこと、「私達にとっては毎日が8月12日でした・・・。」


この言葉が頭から離れない・・・。


先日、ニュースで「環境破壊と地球の温暖化」をテーマにした特集をやっていた。

久しぶりに衝撃を受けた。

このままだと20数年後には地球の平均気温が2.0℃上がるだとか、40年後には北極の氷が全部溶けるだとか、単純な僕をビビらせるには充分な内容でした。

確かに、このところの異常気象ときたら・・・
「爆弾低気圧」や「大型台風」、「異常に暑い夏」、「竜巻災害」。去年、戦後最大級の大雪が降ったと思えば、今年は暖冬。

ちょっと、・・・いや、かなり変だと思いません?

これもやっぱり、「地球温暖化」の影響なんでしょう。。。

97年に京都で決まったこと。日本に対しては「これから何年かで二酸化炭素排出量を14%減らしましょう!」という宿題。

これを達成すべく、いろいろな試みがなされてきた。
「アイドリングストップ」、「ハイブリットカー」「クールビズ、ウォームビズ」など・・・
でも実際は8%ほど増えてしまっているらしい。。。

・・・なぜ?

テレビで「ゴアさん」が言っていた。「政治規模での大きな対策も必要だが、個人の心構えのほうが重要。」だと。

考えてみれば、意識して「温暖化対策」をしている人ってどのくらい居るんだろう?
僕も意識はしていたものの、実際に行動していた事なんて何もない。
昔、トラックに乗ってた頃は「アイドリングストップなんてやってたら仕事にならん!アホらしい。」って思ってたし、「あんな高いハイブリッドカーなんていらない。」などと言っていた。

「自分ひとりが頑張ったところで何も変わらないから何もしない。」
こんな考えかたの人が自分を含めてどれだけいる事か・・・。

でも、地球の現状を目の当たりにした今、自分にできる「何か」をしなければならないと思った。

何をすればいいのか?

・・・とりあえず息でも止めるか。(笑


ほんの些細な事、「節電に心がける」、「車のエンジンはマメに切るようにする。」、「リサイクルに積極的に取り組む。」だとか、無理のかからない範囲でやってみよう!

その些細なことが出来る人が増えていけば、それが大きな流れになって温暖化に歯止めをかけることが出来ると思う。

別に偽善者ぶってカッコつけてるわけじゃない。
単純に自分の子供らが将来、生きていける環境を守りたいだけ。

小僧が大人になって、「親父の世代が地球をダメにした!」なんて言われたくないしね・・・。
0165l.jpg



与平

Author:与平

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。